2018/05/21 仙台市天文台の職員 (正社員) を募集します

仙台市天文台は、1955年に市民等の寄付金を主な財源として建設された「市民天文台」です。開台以来、多くの市民に大口径の望遠鏡を通して見る宇宙の姿を体感してもらい親しまれてきました。2007年には、PFI事業として民間事業者が行う形としてリニューアルオープンいたしました。同施設の運営業務は、開館から向こう30年間の予定で弊社が担当しております。現在20名の社員が仙台の職場で働いております。
この度、仙台市天文台運営事務所社員の異動に伴い、新規社員を公募することにいたしました。

[採用職種と人数]

企画・交流 若干名

[求められる社員像]
仙台市天文台では、開台以来持ち続けてきた「市民のための天文台」という基本理念を継承しています。また、「宇宙を身近に」という施設ミッションを持って活動を行い、職員と市民及び市民同士が、個々の興味・関心を充足させたり得意分野を発揮したりする「宇宙の広場」を目指しています。よって仙台市天文台運営事務所社員には、天文台内にある施設・設備そして企画の中で、科学や天文学を通じて市民との交流活動を積極的に図ることができる人材を求めます。具体的には、以下のような方の応募を求めています。

  • 主体的に業務の推進や問題解決に当たることができる方
  • 接客業務を仕事として楽しむことができる方
  • 他者と協力して仕事をすることを厭わない方
  • 天文学や科学に関する社会教育施設運営に興味のある方
  • 天文学や科学を通じて市民との交流活動を積極的に図ることができる方
  • 望遠鏡・プラネタリウム・展示などの設備を最大限活用し、新たなチャレンジを楽しめる方

応募要項

[問い合せ先]
本件に関する電話でのお問い合わせには対応しかねます。Emailのみで受付けますので、送信先は応募要項をご参照ください。