立体視システム

見たこともない感動を生む「立体映像空間」

映画館とは異なり、ドーム空間の全ての席でカラーの立体視を実現することは容易ではありません。弊社では、INFITEC社の技術を用いて、フルカラーの立体視によるドーム映像を実現しています。高精細で明るいビデオプロジェクターに、弊社が自社で開発・製造するレンズを装着し、継ぎ目無く、美しい映像空間を創りだしています。

立体視システムには、INFITEC方式以外にも、以下の方式があります。ドーム径や集客人数、ご予算に応じてご相談に応じます。

  • アナグリフ方式(Anaglyph Stereo)・・・赤青眼鏡による立体視
  • アクティブ方式(Active Stereo 3D)・・・両眼シャッター方式による立体視
  • 分光立体方式(INFITEC 3D)・・・波長を分光させることによる立体視

※Infitec TM は DaimlerChrysler Research and Technology の商標です。

導入事例

◇ 日本科学未来館

009年1月、日本科学未来館に 分光立体方式による立体視システムが誕生しました。 同システムは、「VIRTUARIUMII」システムとSONY製SXRDプロジェクターを用いて、 ドームシアター全体に立体的な宇宙を実現するもので、弊社が専用に設計した 超広角レンズやエッジブレンド技術が用いられています。
ニュースリリース