2022/01/13 (仮称)北九州市科学館の職員を募集します

北九州市立児童文化科学館は、1955年(昭和30年)に日本で初めて子どものための科学館として誕生しました(開館当時の名称は八幡市立児童科学館)。株式会社五藤光学研究所は、2003年から北九州市立児童文化科学館のプラネタリウム部門の運営業務を北九州市より受託し、約19年間、科学館の運営に携わってきました。2021年12月に同館が閉館し、2022年春、新たにスペースワールド駅近くに新設される商業施設内に(仮称)北九州市科学館がオープンする予定です。

弊社では2022年4月から(仮称)北九州市科学館のプラネタリウム部門の運営業務を北九州市より受託し、プラネタリウムの番組投映や維持管理、天文教育普及事業の補助業務などを行うことになりました。
この度、(仮称)北九州市科学館のこれらの業務を行う、弊社北九州プラネタリウム運営事務所の正規社員を募集することにいたしました。なお、この受託業務は、弊社と北九州市による年次更新の業務委託契約によって実施する予定です。

[採用職種と人数]

プラネタリウム運営における天文分野専門員班長・リーダー候補(学芸業務担当、正社員) 若干名
プラネタリウム運営における天文分野専門員(学芸業務担当、正社員) 若干名
プラネタリウム運営における天文分野専門員(学芸業務・メディア制作担当、正社員) 若干名
プラネタリウム運営における天文分野業務補助員(パートタイマー) 若干名
プラネタリウム運営における天文分野業務補助員(入場案内・場内監視等、アルバイト) 若干名

[求められる社員像]

  • コミュニケーション能力に長け、他者と協力しチームとして仕事をすることを厭わ ない方
  • 主体的に業務の推進や問題解決に当たることができる方
  • 天文を通して市民との交流活動を積極的に図ることができる方
  • プラネタリウムなどの設備を最大限活用し、新たなチャレンジを楽しめる方
  • 接客業務を仕事として楽しむことができる方
  • 自然科学や天文に関する社会教育施設運営に興味のある方

[応募要項]

プラネタリウム運営における天文分野専門員班長・リーダー候補(学芸業務担当、正社員)
プラネタリウム運営における天文分野専門員(学芸業務担当、正社員)
プラネタリウム運営における天文分野専門員(学芸業務・メディア制作担当、正社員)
プラネタリウム運営における天文分野業務補助員(パートタイマー)
プラネタリウム運営における天文分野業務補助員(入場案内・場内監視等、アルバイト)

[問い合せ先]

本件に関する電話でのお問い合わせには対応しかねます。Emailのみで受付けますので、送信先は応募要項をご参照ください。